アート工房 創

ブログ
BLOG

2020年3月31日火曜日

4月のコロナ関連のお知らせ、チャイルドコース生徒募集のご案内。

チャイルドコースジュニアコースですが、
4月も引き続きコロナ対策をしっかり行い、
教室は3月同様全ての窓を開けて扇風機も全開回して
開講いたします。
必ずマスク着用で、マスクが無い方は良治先生作のマスクを
授業中は着用してもらいます。

でも、各自のご判断で引き続きお休みされたい方は、
御遠慮なく休校連絡を頂ければと思います。
お月謝につきましては、先に入金されている方は、
コロナの収束がいつになるのか分からないので、
入金分繰り越しではなく、一旦返金という形で4月以降は対応しようと思います。


また、5月からのチャイルドコース授業参加の入会受付を
4月25日に予定していましたが、
沢山の人が集まるのはよく無いので、今回は
メールにて先着順に受付させて頂こうと思います。

チャイルドコースのメールでの受付開始は
4月14日(火曜日)16時〜
させて下さい。
教室の見学が終わり説明も聞いている状態で、入会が前提のメール受付です。
メール申し込み後見学して決める等は、申し訳ありませんがお受けできません。

水木金はどの曜日も募集できる予定ですが、
やはり土曜日は若干名の募集になると思います。










2020年3月6日金曜日

チャイルド、ジュニアコースから、美術大学へ進学

今年は、幼稚園の頃から来てくれてたりんちゃんが、京都市立芸術大学
小学校から来てくれてたももちゃんと、
中学から来てくれてたりょうちゃんとそらき君が多摩美術大学に。
みんなが難関大学に合格できた、ほんとに嬉しい年になりました。

しかもみんな第一希望の学部で、
現役合格はなかなか難しい、プロダクトデザインや、テキスタイルデザインに!

中学の時から美大を考えてるとの話で、だったら高校はこの辺りに行った方が
美大受験しやすいよ!と中学の時から進路を定めて進めていったので、
たまたまラッキーではなく、万全の準備と作戦で、受かるべくして受かった結果
なのですが、それにしても難関大ばかり嬉しい結果となりました。

創のチャイルド、ジュニアコースは技術を教えません。笑笑
子どもうちに、美術が大好きになるように、個性を潰さずどこの学部に進むのが
その子の個性に合っているのかを大事に大事に見極めて、高校に入ってから、
具体的な学部に向かって徹底的に対策をしていきます。
その時に時には先生にボロボロにけなされる事もある中で、
それでも私は美術に進みたいんだ!と強い意志を持てる様にするには、
子供の頃からの美術大好きで美術が自分は得意なんだ!と思える気持ちだと思います。

コロナで気分が沈んでいた中での嬉しい報告に、今日はとっても癒されました!

インスタグラム にあげてた画像をこっちにも貼っておきます!😆



りんちゃんの作品。



多摩美術大学 テキスタイルデザインに合格したりょうちゃん、中1から登校





多摩美術大学プロダクトデザインに合格したそらき君。
中1から登校!














2020年3月4日水曜日

3月1週目の工作はカリンバ


アートには癒しの効果がある。

このコロナでの一斉休校を受けて日本国中みんな気が滅入ってると思います。
私も小6の息子の楽しみにしていた卒業式が急に未定になり、
ある日突然ばつんっと息子の小学校生活が終わってしまいました。。
大事に大事に過ごしていた小学校生活残り13日。急に最後になった日に
担任の先生が泣いていたと聞き、私まで目頭が熱くなりました。

教室はどうしようか、、、瞬時に下さないといけない判断。

でも、美大受験は真っ只中で国公立大は入試が終わっていないし、
チャイルド、ジュニアコースでは、ただの習い事の域を超えて、
学校にはなかなか行けないけど、創にはなんとか来られるんです!
と、個人の世界で楽しみ表現できる美術なので
毎年、通信高校の子や不登校のお子様も来られているんです

そんな現状を考えて、沢山のお子様の心の拠り所になっているアートの時間を、
簡単には1ヶ月休校にできませんでした。

なので、現在は窓を四方開けて換気をしまくって、出来る限りの安全な状態で授業は
継続しています。ただし、徳島市内に数名とかコロナの方が出た時には
考えないといけないなあと思っています。
このまま収束していってくれれば良いのですが、、、、

で、すっかり私も弱っていたのですが、今日、先月から準備万端にしていた
チャイルドコースのカリンバ製作が、私の想像を遥かに超えて、
お子様一人一人の作品が感動する出来栄えに仕上がって、
一気に癒されて嬉しい穏やかな気持ちになりました。

やっぱりアートは人の心を癒す。

みんなが嬉しそうに持って帰る姿を見られて、登校されるお子様が、
もしも数名とかになってしまったとしても、私は最後の子が居なくなるまでは
このままアートの時間を続けようと思います。


もちろん心配な方はご遠慮無くお休みして下さいね!
返金、繰り越し、振替、どのようにも対応いたしますね!

こんな時は、どんな形でも各自が穏やかに過ごせるのが何より大事だと思います。