アート工房 創

ブログ
BLOG

2018年7月18日水曜日


みえ先生は多摩美術大学の、オープンキャンパスに行ってきました!
20年ぶり位の母校で、もうすっかり風景も変わっていました、



印象としては、流石に人気のデザイン学部とかは就職率もとてもよく昔と変わらず
難関大学です。
環境デザインも、企業とコラボレーションした建築物の模型ばかりで
やってる内容の規模が違うなあと思いました。

ファイン系は若干少子化の影響で倍率が下がってきている感じ。
昔ほどのキレのある雰囲気は少し減ってきてるかな。これは日本全国どこの大学も同じですね!

特に良かったのは、やはり花形の学部の、グラフィックデザインの説明会。

先生のお話がとても良かったので以下聞きかじりですがメモしてきたので
文章貼らせてもらいますね!

グラフィックとは、情報をデザインすること。

人や社会に何かを伝える事

色や形を持たないものを、目に見える形にかえる

目的を持ったクリエイティブ


ものを想像する行為

アーティストとは個人に権力が存在する

デザイナーとは、初めて見た人も理解できないといい表現ではない。

常識、社会性、社会、企業、集団


実際の本物の芸術例えばピカソの展覧会を見る場合、

基本的にクリエイティブに興味がある人がいく


でもクリエイティブは日常に組み込まれたもの、

グラフィックは、デザインやアートに興味の無い人が見るものなので、

日常の観察がとても大切

肉体以外のあたりまえの物。日常の観察力が組み込まれている。


グラフィックデザイナーが作り出す場合、

ひとつは写真、イラストレーション、図形、色を使う。

イメージ、ビジュアルは、1番特化した効果は  スピード感

瞬時に情報をキャチングできる事が大切

もう一つは言葉。文字  詳細な情報を伝える

ポスター、本、雑誌、メディア  

なので、グラフィックはイメージビジュアルと文字で成り立っている


インスタントではなかなか感動はさせられない。

感動を与えるクオリティには、長い時間をかけた訓練が必要です。

受験勉強で何かを成し遂げて、時間をかけて入ってくる学生たちに

多摩美のグラフィックは信頼が生まれる。

講師陣はデッサンと色彩構成をとても重要と考えている。

多くの時間をかけてトライアンドエラーを繰り返した学生が欲しい。



変わらずの倍率で超人気の多摩美術大学グラフィックデザイン科だけに

先生の話も、いい意味でとても強気で、自信に満ち溢れた感じが、

我が子は行けるならこの学部に入れたい!としみじみ。

日本のデザイン界を引っ張っていく子達を輩出している学部ですね。



東京芸大は、あまりに難関大学なので、入る想像がなかなかできないのですが、

目指せるなら、多摩美術大学、武蔵野美術大学、金沢美術工芸大、辺りを本命に

美大受験を頑張れたら、難しいけど就職もいろんな意味で安泰なんじゃないかなあと

思いました。

それには早い時期からの準備が必要ですね!



金沢美術工芸大のオープンキャンパスに行きました!

今回は、冨本七絵先生のブログです!






みえ先生は多摩美術大学に、
私は金沢美術工芸大学のオープンキャンパスに受験生3人と行ってきました。

まず、街の雰囲気が良く、美術館や工芸館が憩いの場となっているのがよくわかりました。
ここで学生生活を過ごすことができたら、いろいろな面で学びになると感じました。
そして、関西にも関東にも、意外と近い。2-3時間で移動できます。これは就活の時にも便利ですね。

学校自体は昨年訪れた京都市立芸大と考え方が似ている面が多々ありました。
基礎的なことができて、物事をきちんと考えられて、人と関係していくことに
興味がある生徒が欲しい、という点。
また、参考作品(私立に比べ展示してある数が圧倒的に少ないけれど)を見る限り、
先生たちのおっしゃるように試験では基礎的でオーソドックスな力を見ている印象。
何か飛び抜けてここがすごい、というよりも、全体的に計算されて完成されている
作品が好まれているようです。

就職に関しては、専門職就職率100パーセント、というのは本当に誇張でもなく、
企業側がいい人をとっていたら金沢の子達ばかりになっている、と言っているくらい、
生徒の質が良いとのこと。金沢美術工芸大学において、やはり少人数制(各科20名程度)
というのは生徒の全体的な質を上げていくために重要な点なのだろうと思います。
これも京都市立と似ていますが、先生と生徒の距離が近い。
過干渉かもしれないけれど、密着するようにして4年間を過ごす、と言っていました。
そのために試験で面接があるのだと思います。
どんな人間で、何を考えていて、どんなことに興味があるのか、
しっかりと自分の言葉で表現できる生徒が合格しやすいですね、当たり前だけど。

スーパースターは生まれにくいけれど、全員がハイレベルな能力を持っている、
と先生たちも言っていました。

京都市立の場合は、面接ではなくセンター試験5教科と、実技3教科という一見無謀なやり方で、
その生徒の全てを見たい、ということでしたが、金沢の場合は作品と、
直接生徒のコミュニケーション能力、プレゼン力を見て合格を決めているので、
そちらに自信があれば良いと思います。

また、推薦入試については定員が各科2名程度と少ないですが、
こちらも基礎的なことがしっかりできる生徒をとっている、とのお話でした。
京都市立同様、入試のことはあまり説明してくれません。
とにかく基礎!普通に当たり前のことができる子なら大丈夫、と言った感じ。
その普通が難しいのですが、そこをポイントとしてしっかり見て合格者を決めているので、
学内の生徒全体のレベルが高いのだろうと思いました。

高校生が自分で描いた作品を見てくれるのも、先生ではなくて学生。
そのくらい先生も生徒を信頼しているし、主体的に動ける子達がとても多いです。
自分の意見をしっかり言葉にして表現できて、制作に没頭できる素質を持っているならオススメの大学。

もし受験を考えている人は、いつでも声かけてくださいね!

2018年7月13日金曜日

金沢美術工芸大、多摩美術大学、オープンキャンパスへ

この連休は、
ななえ先生は、金沢美術工芸大へ、
みえ先生は多摩美術大学へ、それぞれ二手に分かれて
創の高校生達と一緒にオープンキャンパスへ行ってきます!(≧∇≦)
直接行くことでわかる頃が色々あると思います!

小学校お受験用絵画

お受験向けでの絵画指導を、、、そんなお電話をかなりお受けしている
今日この頃です。

お受験、我が家も経験しましたので、なんとかお力になってあげたい。。
と思うところはかなりあります。。

でも、今から9月に入会していただいても、月に1枚絵を描いて12月までで、
創で描けるのはたった4枚です。。
4枚では、、、少なすぎますよね (;_;)

なので、是非年長さんで1月お受験の方は、また一つ絵画の習い事を増やすのではなく、
お家で、暇な時に、図鑑を見ながら、動物、花、人などなどを
一緒に描く時間を持ってあげてください。

子どもの絵で重要なのは、自信を持たせる、褒めて褒めて自分って絵が上手なんだ!
と自己肯定感を高めてあげるに限ります。
絶対にどんな絵もけなしてはいけません。
模試から帰ってきた答案の絵を見ても、絶対にけなしてはいけませんよ!
絵を頑張る、頑張らないというのも、自信がないと頑張れませんし、
頑張っても自信がないと思い切っては描けません。

かつて、我が家の娘が小学校お受験を受けた時。
私はいわゆるリアルな目鼻立ちの描き方を、年長の娘に教えるのがとても嫌で、
某お受験塾で絵で散々な評価をもらい、逆に私は、
そんなリアルに目鼻立ちを描ける年長さんの方が怖いだろう、、笑と
お受験の時に娘に、いつものように、好きなように絵を描いてきなよ(≧∇≦)
と送り出し、お受験終わった娘に絵は何描いた?と聞いたら、
キラキラお目目のドレスの子を描いた  笑  と  帰ってきて言っていたのを思い出します。
虹の上だったか、きりんの上だったかのお題でした。
ご安心ください。我が家、附属幼・小で、1度も× は頂いておりません  笑
まあ細かい話を聞きたい方は、直接聞いてください。(≧∇≦)
受験時の我が家の話でよければお聞かせしますよ⭐️

なので、学校側も上手な絵を求めているのではなく、子供らしくのびのび自由に
大きく描けている、それに少しプラスすると、お話の記憶が聞けているを見ているのだと
思います。なので、とにかく、アイデアにしても浮かぶ浮かばないは、自分はなんでもできる!
と信じている自己肯定感の高い子が、幼少期のイメージは得意なんです。それは
とにかくなんでも描いて見る事ができるからです。

というわけで、練習より自信です。とにかく褒めて自信をつけるです!

頑張って下さい(≧∇≦)


2018年7月12日木曜日

ジュニアコース在籍の皆様へお知らせ。


現在ジュニアコース在籍の皆様へ、
夏休みの日程が決定いたしました!
お越しの時にお手紙もお渡しいたしますが、こちらでも
ご確認下さい





美大受験コース 夏の講習会日程

美大受験コース、夏期講習日程です。
今年は、夏から入会の初心者の方に、スムーズに受験コースに進めるように、
初心者用個別カリキュラムで別対応もいたします。
なので、今から美大受験を考えられて居る方も、ぜひぜひ受講受け付けています!

美大受験生にとって、夏休みの1ヶ月はとても大切な時間です。
後から後悔しないように、少しでも早めのスタートで、1枚でも多く
デッサンを練習して下さい!
夏頑張るか頑張らないかで、進路にかなり影響しますよ!

また、美大受験相談等、いつでも受け付けています。




2018年7月11日水曜日

良治先生の水彩画で作った動画です


鈴木良治先生の水彩画で作った、九州の企業のPR動画です!
すごく良く可愛く出来ているので、
皆さん是非見てみて下さい!(≧∇≦)






2018年7月10日火曜日

徳島市津田のわかくさ幼稚園

毎月授業に伺っているわかくさ幼稚園!
年長さんと年中さんの授業をしてきました。

年長さんは自画像!







年中さんは動物の絵の授業です








わかくさ幼稚園の年中さん!私が知る限りあまり記憶にないのですが、
今年は人数が少なくて、1クラスしかないんです。
なので、いっぱいの先生から、すごいきめ細やかな対応と、超愛情満点の
日々の幼稚園生活を送れていて、相当オススメな環境です!

幼稚園選びを考えられている方!私はわかくさ幼稚園の先生全員の子供達への愛情は
半端ないと思います!
先生達みんなもすごい仲よくて、本当にいい環境です!




2018年7月7日土曜日

7/7(土) 開校しています!

7月7日土曜日、
暴風雨警報が出ていませんので
本日も教室は平常通り全てのコースが
開校しています。

振替はできますので、
各自の判断で登校が無理な場合は
振替て頂いても大丈夫です。

10:45の教室風景   チャイルドコース


ジュニアコース




2018年7月6日金曜日

7月6日金曜日 教室平常通り開校しています。

7月6日金曜日、午後13時時点で、
暴風雨警報が出ていませんので
本日の教室は平常通り全てのコースが
開校しています。

振替はできますので、
各自の判断で登校が無理な場合は
振替て頂いても大丈夫です。

受験生の制作風景













2018年6月30日土曜日

次回チャイルドコース(4歳〜小1)、生徒募集についてお知らせ

チャイルドコース(4歳〜小1)の新規受付について、もう一度、
アップさせて もらいます。

ただし、小学校2年生以上のお子様は出来る限る入会お受けいたします。

6月、7月は小学生は宿題絵画をします。
一人一人がきちんと完成して学校に提出できるように完成にもっていくため
普段の自由に楽しくとは少しだけ違い、先生が色々手助けをして仕上げます。

そのため、新規のお友達に初めましてでゆっくり接してあげられる人手の余裕が
6、7月は持てないので、募集は一時ストップさせてもらい、また8月は1ヶ月
美大受験コースの夏期講習会のため、チャイルドコースはお休みにして居ますので、

次回チャイルドコース生徒募集は、9月8日(土) からとさせて頂きます。
9月8日(土)  
直接お越しいただいての入会の申し込みは9:30〜で
お電話でのお申し込みは10:00〜とさせて頂きます




2018年6月19日火曜日

今年もクワガタいりませんか?

今年も沢山受験卒業生のお父さんからクワガタを頂きまして、
欲しい人がいたらどうぞ!との事で

チャイルド、ジュニアコースの皆様、どなたかクワガタいりませんか?


→このブログ、インスタグラム、フェイスブックで一斉に公開したからかな、
火曜日の夜のうちに大きいクワガタは全てもらわれていきました。。。
6/19、20:30現在、残りはメスのクワガタが3匹残っています。



欲しい方はみえ先生までご連絡下さいm(_ _)m






2018年6月13日水曜日

6月の工作 チャイルドコース

1週目は、可愛いキットを見つけたので、海の中の風景ジオラマ。
生き物が動くんです(≧∇≦)
この構造を手作りするのは、なかなか大変だったので、
いいキットを見つけられました!!!





j






2週目の工作は、身長をはかる、子供部屋の柱的なインテリア!

やっぱりペンキって発色が良くて可愛く仕上がりますよね!!

想像以上に可愛くできて嬉しかったです(≧∇≦)







来月は毎年恒例の木の貯金箱と、粘土の貯金箱!

でもって来週からは宿題絵画です!宿題絵画!また忙しい時間になりそうです





2018年6月5日火曜日

ジュニアコース7月、8月の予定


ジュニアコースは、
8月の授業日は美大受験の高校生の夏期講習に合わせて、
指導できそうな日を決定しますので、7月に入って日程が決まります。
8月は基本的に1日料金で、来た回数分だけ後払いでの料金になっています。

7月中までの入会でしたらジュニアコースは随時入会を受け付けていますが、
8月の新規入会は、1日に指導できる人数に限りがあるのでお受けしていません。
その場合は、9月からの入会受付となります。





2018年6月1日金曜日

次回、チャイルドコース生徒募集について、9/8からとさせて頂きます。

6月、7月は小学生は宿題絵画をします。
一人一人がきちんと完成して学校に提出できるように完成にもっていくため
普段の自由に楽しくとは少しだけ違い、先生が色々手助けをして仕上げます。

そのため、新規のお友達に初めましてでゆっくり接してあげられる人手の余裕が
6、7月は持てないので、募集は一時ストップさせてもらい、また8月は1ヶ月
美大受験コースの夏期講習会のため、チャイルドコースはお休みにして居ますので、

次回チャイルドコース生徒募集は、9月8日(土) からとさせて頂きます。
9月8日(土)  
直接お越しいただいての入会の申し込みは9:30〜
お電話でのお申し込みは10:00〜とさせて頂きます

ジュニアコースの風景


保育園児に時から来ているハルキ君!
あっという間に今年で中学三年生です。毎年恒例の夏休みの宿題絵画を
今年も早々に仕上げていました!
ジュニアコースの子は時間をかけて一枚の絵を仕上げるので、春から描き始めています。

チャイルドコースの子たちは6月と7月の絵画の授業で、夏休みの宿題絵画を描く予定です。









ジュニアコースの子は自分で描きたい絵を持ってきて描くこともできます!





2018年5月30日水曜日

2018年5月25日金曜日

チャイルドコース5月3週目絵画


竹ペンに墨をつけて絵を描く。
イメージ画です。

正解のない絵画って、とても頭を使うので私はチャイルドコースの課題で
よく出します。

答えを求めて、描けなくて困っている子。
とりあえずなんでも描き始めてみる子。
誰かのを真似っこしてなんとか終える子。
ここぞとばかりに面白い絵を考えようとする子。
お受験勉強でプリントし過ぎてて、とにかくなんでもいいから早くこなそう、終わらそうとする子(笑)

色んなパターンの子達がいます。

なんとなく誰かの真似っこしてしまう子は、その度合いにもよりますが、
こちらも何気な理由でその子の自尊心を傷つけないように
お席を移動してもらったり、
分からなくて途方にくれている子には、色んな案を言葉で言ってみて、
その時なるべくいっぱい案を出して、自分で考えたと本人は思うようにもっていきます。

とにかく終わらそうとざっと描く子には、大袈裟なほど褒めてあげて、こんなに上手に描けてるし
ゆっくり描いたらそれはそれは素晴らしい絵になるよ!(≧∇≦)と持ち上げてみて、
丁寧に描くようにもっていったり、


もちろん全員を大絶賛で褒めてあげるのですが、
やはり最終的には、子どもの絵画はセンスでも才能でもなく、自分は出来るんだ!!と
自分を信じている、自己肯定感の高いほど、のびのび描いてくれるので、子どもの絵画で重要な事は
とにかく褒めてあげることだとやっぱり年月重ねて指導するほどにそう思います。
























2018年5月16日水曜日

満を持してチャイルド工作!潜望鏡!!





もう何年温めておいた工作ネタでしょうの、潜望鏡!
子供の頃、かくれんぼしてて、鬼が何処にいるかこっそり
覗くのに潜望鏡があったらなあ〜と、憧れたおもちゃでした!
ネットでどんなにググっても、作り方が難しすぎて、
4歳さんからのすごい人数の工作にはあまりに敷居が高すぎて、
なかなか形にできなかったんです。
で、本物のおもちゃ買って見たり、構造に詳しい人にきちんとした
仕組み聞いたり、色々試行錯誤して、やっと創のチャイルド工作で
できる形に持っていくことができました!!
なのでこれはどんなにネットをググっても出てこない、
構造の作り方も私がオリジナルで考えた、創の完全オリジナル工作です!!

いつも美大受験生に、一つ一つそのアイデアだったり、色だったり、形だったりを
デザインする時に、「で!その理由は?その色を選んだ理由は?その形の理由は??」
と必ず聞くんです。
だってなんとなく塗った色では、相手にそのお題のデザインです!とは簡単には伝わらないからです。
でも、デザインではなんとなくこんな感じ!でなく、こうです!と、絵で伝えないといけないんです。

そんなこんなを毎日しているので、私もこの潜望鏡の周りの表現にどうしても
理由が欲しくて、上に粘土をつけるか、、周りに絵を描いてもらうか、、、色々悩んだんだけど、
それにはどうも理由がなさすぎて、最終的に潜望鏡は、こっそり塀の向こうとかを覗くもので
その形自体もカモフラージュできるもので無いと不自然だなあとたどり着き、
最終的に、見た目が木や植物なデザインにしたら、まるで木が植わっている様なデザインで
覗くことが出来るなあと、なりました!!!!!
虫さんもその植物に留まってくれています(≧∇≦)

コンセプトも我ながらバッチリ👌👌👌👌

超、超自信作な工作になりました!

まだまだ戦えますね  笑


これからも、ネットでググってもそうそう出てこない、見たことのない新し工作を
探し続けていこうと思います!!!!!!


2018年5月14日月曜日

デッサンの基礎とは








よく聞かれる、いわゆるデッサンの基礎!とはこちらです!
幾何形態には、光があたった時に陰影のつき方に法則があります。
そこをしっかり理解して静物デッサンする事で、
立体感、質感、空間などが表現できるようになります。
独学だとその基礎をすっ飛ばしていきなり描き始める事が多いので、
描き方が分からない、、になるのだと思います。
とはいえ、アートは自由なので、美大受験のデッサン試験とかでない限り、
自由に描いていいと思いますが(≧∇≦)

2018年5月12日土曜日

美術大学オープンキャンパス

創から目指す子の多い
芸、美術大学のオープンキャンパス日程です!



2018年5月10日木曜日

チャイルドコース 5月

新学期も少し慣れて来て、小学一年生さん達も
給食が始まりましたね!小学校に入った途端にすっかりお姉さん、お兄さんになった
可愛いお友達たち(≧∇≦)

創のチャイルドコースの授業をしているスタッフは総勢5人なのですが、
みんな我が子が高校生とかになったママ達ばかりなので、
幼稚園、小学生とかは、我が子を思い出したら懐かしく
もうただただ可愛い可愛いだったりします。笑   


と話が脱線しましたが、今月は、持って帰って使える遊べる!をテーマに
工作を考えてみました!

構想数ヶ月!!
やっと授業にで4歳さんから小学生のみんなが1時間で完成する形に
持って行くことができました(≧∇≦)

特に男の子は大喜びしてくれる子がいっぱい!
なんでもっと早く工作授業でしてなかったんだろう、、、不思議な
位の内容でした!

来週の工作も!創で初の工作内容です!!!     こちらは構想数年です   笑笑

まだまだ20年してても、したことの無い工作ってあるもんですね   笑

続けられる限り、自分との戦いを続けていこうと思います!(まだ見た事のない、新しい工作内容!開発!)







2018年5月2日水曜日

とよとみ珈琲にて鈴木良治、黒板アート展


5月3日〜5月8日まで、とよとみ珈琲にて鈴木良治黒板アート展開催中です。
ぜひお近くにお寄りの際はお越しくださいませ!




2018年4月28日土曜日

チャイルドコース定員空きのお知らせ。

チャイルドコースですが、
金曜日、第2第4の月二回のクラスですが、大きい子が多いので
後、3名ほど入会受付をいたします。
ただ、定員を少しオーバーしますので、
4歳以上で、1時間ママがいなくても、じゅうぶん大丈夫な
母子分離のできているお子様で募集いたします。

入会ご希望の方は、お電話、又はメールにてご連絡ください。
ただ、4/29〜5/7は教室がお休みなので、メールでご連絡いただければ
お休みでもご返信いたします。

5月の金曜日、第二第四は、
5月18日、6月1日

6月の金曜日、第二第四は、
6月15日、29日になります!

欠席の場合の振替登校はできます。